top of page
検索
  • oonuki2

ウォークインクローゼットの魅力は?注意点は?

(画像:ウッドワン 以下画像全てウッドワンより引用)


衣類の収納場所には、クローゼットやチェスト、オープンラック、そしてウォークインクローゼットなど様々ありますね。


この記事では、ウォークインクローゼットについて取り上げるわけですが、現代のマイホーム計画では、ウォークインクローゼットを間取りに入れるか検討することが非常に多いです。

SNSの普及により、その利便性やおしゃれさ、そして知名度が広まり、希望するご家庭が増えています。


しかし、通常のクローゼットは使い慣れていても、ウォークインとなると初めての方も多く、検討するにも情報収集から始めることも少なくありません。

そこで、ウォークインクローゼットの魅力をまとめましたので、マイホーム計画の参考にしていただければと思います。


 

【ウォークインクローゼットって?】

ウォークインクローゼットとは、人が中に入って歩けるサイズのクローゼットのことです。

そのため、ある程度のスペースを間取りする必要があります。

収納するモノの工夫は実に様々です。

衣類だけでなく、バッグや帽子、ネクタイ、アクセサリーなど、身につけるもの周辺を一括して収納できるようにしたり、鏡を設置して、ウォークインクローゼット内でファッションコーディネートができるような工夫もあります。


【広さはどれくらい必要?】

理想的な広さは、一般的には夫婦2人で2畳、4人家族で3〜3.5畳と言われています。

2畳ですと、中で着替えるには難しい広さです。

衣類を出し入れする際の動きやすさを考慮すると、2人であっても3畳はほしいところです。

また、衣類が多いご家庭や収納したいモノがたくさんある場合には、さらに広いスペースが必要となります。

間取りを工夫できるのなら、少し広めにしておいた方が、後悔しないかもしれません。


 

【ウォークインクローゼット魅力って?】

では、ウォークインクローゼットの魅力ですが、なんといっても「衣類の収納が一箇所で済む」ことです。


床から天井いっぱいまで、クローゼット内全体を収納スペースとして使用できるので、かなりの大容量です。

年間通した衣類を収納できるので、衣替えもしなくて済みます

衣装ケースいっぱいに、衣類を押し込めることもしなくて良いので、衣類がシワだらけになることも防げます


また、ハンガーにかけたまま収納できることも魅力です。

洗濯後、シャツ、アウターなどはハンガーにかけて干し、乾いたらそのままクローゼット内にかけるだけなので、畳む手間がありません

家事動線の良い間取りにすれば、さらに家事の負担を減らすことができます。


手持ちの衣類が一目で把握できる点も魅力です。

せっかく服を新調しても、タンスの奥底から似たようなものが出てきて「そういえばコレあった……」と後から気付くことってありませんか?

手持ちを把握していると、無駄な買い物を防げるので経済的です。



【注意点は?】

ウォークインクローゼットの注意点としては、モノで溢れないようにすることです。

大容量とはいえ、収納できる量には限界があります。

整理整頓せずに、モノを増やし続けると、いつの間にか物置状態になってしまいます。

ウォークインクローゼットのせっかくの魅力が発揮されませんので、不要なものは処分するなど、定期的に整理整頓するようにしましょう。


また、風通しを良くする工夫も必要です。

湿気はカビの原因となります。

換気扇を取り付けるなど、クローゼット内の空気が循環するようにしましょう。


明かりの確保も検討しておいた方が良いです。

クローゼット奥が真っ暗!ということにならないように、あらかじめライトを取り付けておくことをオススメします。

その際、消し忘れがないように、人感センサーにしても良いのかなと思います。


ウォークインクローゼット検討の参考にしてみてくださいね♪



針谷工務店では、お家に関するお困りごとやリフォーム・リノベーションのご依頼を承っております。

お見積りは無料、お客様のご予算・ご要望に合わせた工事提案を致します。

お気軽にご連絡ください♪


お待ちしております(o^^o)


TEL:0280−56−0892


 

針谷工務店は、ISK工房株式会社とグループ会社です。

ISK工房株式会社

〒320-0851

栃木県宇都宮市鶴田町2770−1

TEL:028−348−1770

こちらへのお問い合わせもお待ちしております。

Comentarios


bottom of page